メニエール病の完治をめざそう!

めまいや耳鳴りなどの症状がでるメニエール病でお困りの方は必見のサイトです!

メニエール病について

プロスパーメニエール(フランスの内科医師)が、19世紀初頭にめまいの原因に内耳のトラブルが関係していることを発見しました。

この病気は、やがて「メニエル病」「メニエール氏病」などと言われるようになりました。

その後、多くの研究が開始されるようになり、病気の解明が進められていきました。国内では厚生省特定疾患調査研究班が診断基準を1975年に制定しました。

内耳はリンパ液が充満していますが、何らかのトラブルによってコントロールが難しくなります。すると、神経に圧力を加える「内リンパ水腫」が誕生するなど、多くの障害が発生してきます。

多くの人は「めまい」の感覚を知っているでしょうが、症状が継続することは少なく、ほとんどが一時の現象に終わります。

メニエール病が多発する年代
30~50歳代に集中しているようです。症状の度合いはさまざまで、自分ではよく分からないケースや、病院へ行って入院を求められるケースまであります。

国内の発症者数
国内では知名度は低くなっています。自分で症状に気付かないケースもありますが、軽症のメニエール病も含めると、人口10万人あたりの発症者は30~40人くらいになるようです。

自覚症状
重度のめまい、嘔吐感などをもよおします。また、耳鳴りや難聴などが生じる人もおり、人によって症状の度合いに差があります。めまいは多い症状ですが、メニエール病にかかると直立していることが困難になることもあります。

メニエール病の完治をめざそう!項目一覧

Copyright © 2010 メニエール病の完治をめざそう!. All rights reserved
キャンディマジック 部分痩せ エステ 専業主婦 カードローン
FX比較マン